手力雄神社 七五三参り

子供の成長を神様に感謝し、将来の幸せを願う儀式です。

七五三は古くからの風習である行事に由来しております。

3歳

「髪置き(かみおき)」

この日を境に髪を伸ばし始める男女ともに行われる儀式です。
4歳

「袴着(はかまぎ)」

5歳になりはじめて男児が袴を着用することを祝う儀式です。
5歳

「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」

女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。

お参りの日にち

古くは11月15日に行っていましたが、15日前後の日曜日など、ご家族のご都合を優先させている方も増えています。
当社では10月より12月まで受付しております。

「七つまでは神の内」と言うように、それまでの子供の成長は神さまにお任せするしかありませんでした。

七五三では、子供が無事に育つことができたことを皆で祝い、これまで見守って下さった大神様、ご先祖様にお参りをして感謝の気持ちを表し、これからの健やかなる成長をお祈りしましょう

七五三祈祷のご案内
ご神前にて祝詞を奏上し、玉串拝礼を行いお子様のご成長を祈念いたします。

■ご祈祷 : お一人7,000円
(11月中は甘酒、七五三守、千歳飴、祈願幣串、おみやげをご準備しております。)

■受付のご案内
   詳細はこちら

ご祈祷・お守り